火星食

天体イベント

火星食とは?2019年に観測できる日程や時間をチェック【画像有】

投稿日:

日食や月食といった天体ショーがありますが、このほかにも、惑星食という現象もありますよね。

中でも、日本の多くの地域で2019年に見られるのが、

火星食

です。

火星食とは、一体どんな現象なのでしょうか?

当記事では、火星食について画像付きで紹介し、2019年にどの地域でいつ見られるのか解説します。

火星食とは?画像つきでチェック!

火星食とはどんな現象なのでしょうか?

火星食というのは、惑星食の1つです。

なので、まずは惑星食について説明しますね。

 

惑星食とは、ある天体が別の天体の動きによって隠される現象である『食』の惑星版…

つまり、

惑星の手前を月が通過することで、その惑星が月によって隠されてしまう現象

のことを言います。

火星食の場合は、火星の手前を月が通過するので、火星が月によって隠されてしまうわけですね。

なかなか想像しにくいと思うので、実際に画像で見てみましょう。

火星食

 

「火星ちいさっ!」

と、ちょっと拍子抜けしてしまった人もいるのではないでしょうか。

"食"とつくので、月食や日食を想像してしまう人が多いかもしれません。

火星などの惑星は、太陽に比べると子供みたいな小ささなので、隠れると言っても、この程度。

また、月食と違い、惑星が光を失う現象というわけでもないので、画像のような地味な現象になってしまいます。

このように地味ではありますが、一度は注目して見てほしい天体現象の1つです。

とくに、

天体が月の後ろに入りこむ現象である潜入 (せんにゅう)

月から再び顔を出す現象の出現 (しゅつげん) 

この瞬間はぜひ見ておきたいですね!

 

2019年の火星食の日程をチェック!

2019年の火星食は、いつ見られるのでしょうか?

まず、大前提として、

関東以西

であることは必須です。

関東以西で、2019年に火星食が見られる日程は…

7月4日(木)

です!

見られる時間は地域によって異なるので、主要都市の火星食の潜入、出現時間、方角をまとめておきます。

火星食2019が見られる日時・方角

東京

潜入時間:15時04分頃

出現時間:15時26分頃

方角:西南西

金沢

潜入時間:14時56分頃

出現時間:15時22分頃

方角:西南西

名古屋

潜入時間:14時52分頃

出現時間:15時30分頃

方角:西南西

大阪

潜入時間:14時46分頃

出現時間:15時32分頃

方角:南西~西南西

広島

潜入時間:14時37分頃

出現時間:15時32分頃

方角:南西~西南西

高松

潜入時間:14時41分頃

出現時間:15時33分頃

方角:南西~西南西

福岡

潜入時間:14時30分頃

出現時間:15時33分頃

方角:南西~西南西

那覇

潜入時間:14時20分頃

出現時間:15時47分頃

方角:南南西~西

このように火星食の時間は昼間。

なので、観測条件は悪いですね…。

しかも梅雨時なので、曇ってしまうことが多い時期のも、観測条件の悪さをさらに強くしてしまっています。

しかし、惑星食はいつでも見られるわけではありません。

非常にレアなので、見られる時間があるのなら、見ておきたいところでしょう。

残念ながら今回は見ることができない、関東より東の地域…東北地方や北海道の人は、次回の2021年に期待してくださいね。

スポンサーリンク

 

まとめ

2019年は、日本の多くの地域で火星食が見られる珍しい年です。

ただし、残念ながら見られる時間帯が昼間なので、とても見づらいです。

関東以西ならば、どこでも見られる

ので、ぜひ見てください。

昼間に小さな火星を探すのは大変かもしれません。

しかし火星食は、毎年見られるわけではない珍しい天文現象です。

とくに、潜入や出現の瞬間は必見ですよ!

ちなみに、次回の2021年は同じく昼間です。

ただ日本全国で見ることができるので、東北地方などに住んでいる人は、3年後をお忘れなく!

-天体イベント

Copyright© 極大時間 , 2019 All Rights Reserved.