ペルセウス座流星群

天体イベント

【2019】ペルセウス座流星群の日程とピーク時間を紹介!極大はいつ?

投稿日:

三大流星群の1つ、ペルセウス座流星群。

  • ピークが夏休みの時期
  • 流星数が年間で1、2を争う多さ

といった特徴から、毎年多くの場所で観測イベントが開催されるなど、人気の高い流星群です。

では、2019年のペルセウス座流星群のピーク時間はいつなのでしょうか?

当記事では、2019年のペルセウス座流星群について、極大時間になる日程を紹介していきます。

ペルセウス座流星群2019の日程と極大時間(ピーク)はいつ?

ペルセウス座流星群は、三大流星群の1つ。

2019年の観測日程は、

7月17日~8月24日の間

となっています。

極大(ピーク)時間頃には、

『1時間あたり30個から60個の流星』

が出現し、年間最大級の活動を見せることから、観測する人も多い人気の流星群ですね。

流星数はもちろん、

極大時期は毎年8月13日前後

になるので、お盆シーズンと重なること、さらに夜が暖かい時期であることから、

最も観測しやすい流星群

と言われたりもするんですよ。

 

2019年のペルセウス座流星群の極大時間(ピーク)は…

8月13日16時頃

なので、残念なことに、極大のピーク時間は日本では夕方。

これが冬なら、日が沈みはじめるころなのですが、8月は夏場なので、太陽がまだまだ元気な時間です。

なので、極大ピーク時間に流星を見ることはできないでしょう。

2019年は、なんとも残念ですね…。

 

ペルセウス座流星群2019!観測におすすめな時間は?

ペルセウス座流星群

ペルセウス座流星群

では、2019年のペルセウス座流星群観測に、おすすめな時間はいつなのでしょうか?

極大時間が16時のせいで、ピーク時に見ることができません。

そこで、

8月13日0時~夜明け前

が、観測時間として、おすすめになります。

日程的には、14日0時~夜明けも候補にはなりますが…

13日0時からは、ピークに向かっていくため、流星数が増えていく傾向にあります。

極大ピーク時間が終わって減っていく14日より、多くの流星が見られるということから、13日の方がいい!というわけなんですね。

 

しかし、この8月13日0時~夜明け前も、実は残念な要素が1つあります。

その残念な要素というのが、

月明かり

です。

実は8月13日は、

月齢が12

なんです。

月齢12というのは、月の状態で言うと

ほぼ満月

というくらい丸くなっています。

つまり、それだけ月明かりの影響が非常に強くなってしまうため、明るさの弱い流星は、月明かりで見えなくなってしまいます。

新月で最高の条件だった2018年に比べると、2019年は真逆とも言える観測条件…

2019年のペルセウス座流星群は、月明かりはどの国にいても同じです。

なるべく月明かりを避けるようにして見る以外に、何とかする方法はないでしょう。

スポンサーリンク

 

まとめ

2019年のペルセウス座流星群は、極大時間が8月13日16時と、真夏の日本では太陽がまだまだ元気に顔を出している時間です。

なので、ピーク時に観測することができないのが残念ですね。

しかも、観測条件は、

  • 極大時間が昼間
  • 月齢12で月明かりの影響が強い

ということもあって、非常に悪いと言えます。

次に好条件となるのは2021年なので、たくさんの流星が見られるのは2年後となりそうです。

関連記事
ペルセウス座流星群
【2019】ペルセウス座流星群を観る場所・観測スポットと方角を紹介

三大流星群の中でも、日程的な観測のしやすさ、そして、 年間で1、2を争う流星数 であることから人気の高いペルセウス座流星群。 流星群観測は、なるべく高い建物が少なく、開けた場所がおすすめです。 ペルセ ...

続きを見る

-天体イベント

Copyright© 極大時間 , 2019 All Rights Reserved.