しし座流星群

天体イベント

しし座流星群2019の日程や方角など観測方法を解説!ピーク(極大時間帯)もチェック

投稿日:

11月に出現する流星群が、しし座流星群。

「レオニズ」

「レオニード」

とも呼ばれることのある流星群で、

出現する日程は11月6日~11月30日

と、ほぼ11月いっぱいの日程で活動をしています。

では、2019年のしし座流星群は、いつ極大時間やピークを迎えるのか?

そこで2019年のしし座流星群について、ピーク(極大時間帯)や、観測におすすめな方角などを解説していきます。

スポンサードリンク

2019年のしし座流星群のピーク(極大時間帯)はいつ?

しし座流星群は、それほど活発な流星群ではありません。

ピーク(極大時間帯)も、

1時間に数個見られればいい程度

の流星群です。

しかし、過去には何度か大出現したことがあります。

『見ごたえのある年は見逃せない!』

という流星群と言えるでしょう。

 

2019年のしし座流星群が極大時間を迎えるのは…

11月18日14時頃

ものの見事に真昼間なので、残念ながら極大時間に日本で観測することはできません。

なので、観測候補としては、

11月18日の日没後から21時まで

となりますね。

極力、極大時に近い時間、かつ後にも触れますが、月の影響を受けないようにする時間帯を選ぶと、この時間帯になるのです。

 

ちなみに、過去にしし座流星群の大出現があったと触れましたが…

しし座流星群の大出現は、母天体であるテンペル・タットル彗星が33年周期で太陽に回帰してくるのですが、それが関係しています。

回帰の時期になると、しし座流星群が大出現しやすくなるのです。

メモ

大出現の2年後に再び大出現したり、100年後になったりということもあるので、必ずではありません。

大出現時には、

『流星雨』

『流星嵐』

と言われるほどの規模で、

1時間に数千個から数十万個

という、すさまじい数の流星が降り注ぐんですよ。

 

前回の大出現が2001年だったので、次に大出現する可能性があるのは、

2033年~35年

という予測がされています。

しかし、2001年のような1時間に1000個を超えるような数ではなく、せいぜい数百個程度に落ち着くとのこと。

それでも十分すごい数なので、2033年付近のしし座流星群には、注目したいですね!

 

2019年のしし座流星群の方角はどこがおすすめ?

流星群観測は、基本的に方角はどこでも良いものです。

確かに流星群には放射点があり、その放射点が流星群の名前になってはいますが、

一部分だけを見ていると、四方八方へ散らばっていく流星を見られない

というデメリットがあるからです。

なので、基本的には

寝転がって、できるだけ広く夜空を見渡す

という観測方法が推奨されます。

しかし、月明かりの影響が出てしまう場合は、どの方角を見るかが重要になります。

 

ただ残念ながら、2019年のしし座流星群は、

月齢が20.98で、月の出が21時30分頃なので、月明かりの影響を受けてしまう

という悪条件です。

 

先ほど、2019年のしし座流星群観測におすすめな時間帯に、21時までを挙げたのもこの理由からです。

つまり、

21時30分を過ぎた頃から、月明かりの影響を受けない方角を見ないと、観測できる流星が減ってしまうのです。

月の光によって、それほど明るくない流星が見えなくなり、これが観測数が減ることに繋がります。

 

月の出になる21時台~日が変わるまでの23時台の各地の月の位置は、

  • 近畿地方以東:北北東
  • 中国地方以西:21時が北東、それ以降は北北東

となっているので、

21時以降にしし座流星群を見る場合、北東方面は避けて観測する

ことが大切になりますね!

スポンサーリンク

 

まとめ

2019年のしし座流星群は、ピーク(極大)時間帯が、

2019年11月18日14時

つまり、午後2時で日本では真昼間です。

しかも夜は月明かりの影響を受けるので、条件としては『悪い』と言えそうです。

快適に、2019年のしし座流星群を観測したい場合、

日没後~21時の間なら、どの方角を見ても大丈夫

21時以降は、月が出ている北東方面を避けて観測する

これに注意して、観測してみてくださいね。

-天体イベント

Copyright© 極大時間 , 2019 All Rights Reserved.