月見団子

中秋の名月

月見団子の由来や意味を紹介!数・食べ方・食べるのはいつなのかチェック

投稿日:

中秋の名月といえば、お月見ですよね。

そして、お月見に欠かせないのが、月見団子です!

お月見の代名詞ともいえる月見団子は、いつ頃から始まった文化なのでしょう?

そこで今回は、お月見の代名詞である月見団子について、その由来や月見団子に関するルールなどをお話していきましょう。

月見団子の意味・由来をチェック

月見団子は、そもそもいつ頃から始まった文化なのでしょうか?

調べてみると実は意外にも遅め。

月見団子の文化が広まったのは、

江戸時代後期

と言われています。

それまでは団子ではなく、『収穫祭』として、収穫した秋の作物を月前にお供えしていたのです。

 

それが江戸時代になると、

とれたてのお米を団子にしてお供えする

という形になっていったのです。

決して収穫祭が消滅したわけでなく、収穫祭にお供えするものとして、

長持ちするお米をお供えするようになっていった

というわけですね。

 

なぜわざわざ『団子』という形にしたのかは諸説ありますが、

もともとお月見は

月への信仰・感謝

という意味がありましたので、

月に見立てるため『団子』という形にした

という説が一般的。

ただ、お月見の由来・ルーツである芋の収穫祭にならい、月見団子を里芋の形に似せている地域もあるため、その説が全てとは言えません。

だからこそ、"諸説"なのです。

 

月見団子の数はいくつ?

月見団子といえば、

『三方の上に、ピラミッド状に山盛りにされている』

というイメージがあるのではないでしょうか。

あのお供えされている月見団子、一体何個あるのでしょうか?

 

月見団子の数は、こちらも諸説ありますが、今のところ2通り存在しています。

その2通りというのが、

  • 15個
  • 12個(もしくは13個)

です。

では、なぜこの2通りなのでしょう?

 

まず、月見団子を15個をお供えする場合ですが、この『15』という数字は、

十五夜にかけている

という理由で15個であるという説です。

 

一方の12個もしくは13個。

こちらは『12』という数字で、何となく察しが付くかもしれませんね。

そう。

1年にある月の数

です。

1年は12か月なので、それに倣って月見団子を12個にしているんですね。

 

しかし、この考え方だと、13個という数に疑問を抱きます。

1年が13カ月…?

そんな月は存在しないはずですよね?

13か月という馴染みのない言葉、実は…

旧暦には閏月という、3年に1度、1か月増える期間

1年が13ヶ月である年が設けられていました。

 

旧暦では、1年が354.3671日であり、現在とは11日もズレています。

そのため、3年に1度、閏月を追加することで、1年間の日数を調整していたのです。

日数調整をする、という仕組み自体は現在の閏年と同じと言えます。

なので、

平年は12個

閏月がある年は13個

この法則に則り、月見団子の数に当てはめていたということですね。

ちなみに…

旧暦の閏月を現在に当てはめると、次回が2020年5月になります。

普段、月見団子を12個作っている人は、2020年に13個作ってみてはいかがですか?

月見団子の食べ方・食べる時期はいつ?

次に、月見団子の食べ方や、食べる時期についてお話していきましょう。

 

まず、月見団子の食べ方についてです。

月見団子の食べ方として大切なのは、

月を見ながら食べる

これが最も重要なポイントになります。

そもそも、お月見自体が

月を見ながら、月に感謝の意を示すお祭り

なのですから、月を見ながら食べないと意味がありません。

なので、ここは月に思いを馳せながら、月見団子をいただきましょう。

 

ただ、

「そっちの食べ方じゃなくて、おいしく食べる方の食べ方を知りたい!」

という人もいると思うので、月見団子のおいしい食べ方にも触れておきます。

 

地域によっては、甘い味付けのしてある月見団子もありますが、基本的に月見団子は無味です。

そんな無味の団子を10個以上も食べ続けるのは難しい…

3個も食べれば、その時点で飽きてくるのではないでしょうか。

ただただ苦痛になってもおかしくありません。

 

そこで、月見団子を食べる時は事前に、

  • 砂糖醤油
  • きなこ
  • あんこ

といった、味付けするものを用意しておくことがオススメです!

それ以外にも、普通のお餅のように醤油を塗って焼いたり、汁物に入れて食べるのもアリですよ!

 

最後に、

「月見団子はいつ食べるのか?」

について。

もはや言うまでもないと思いますが、

中秋の名月の日の夜

です。

そもそも、月見団子という名前自体が、いつ食べるべきかを教えてくれています!

月見に食べる団子、つまり月を見ながら食べる団子なのですから、もちろん夜に食べましょう。

夜に食べれば、月見団子に雰囲気が出ますし、何よりそれが本来の食べ方です。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、中秋の名月の日の夜に食べる月見団子について、解説していきました。

月見団子の始まりは、

収穫した米を月に見立てたこと

が由来でした。

食べる個数は、

15個か12個もしくは13個が一般的

そして、

月を見ながら食べる

というのが月見団子の作法と言えるでしょう。

秋になると、夜が少し涼しくなるかもしれませんが、外で月に想いを馳せながら、月見団子を食べてみてはいかがですか?

-中秋の名月

Copyright© 極大時間 , 2019 All Rights Reserved.