芋名月

中秋の名月

中秋の名月が別名で芋名月と呼ばれる由来を解説!お供え物が関係?

中秋の名月は、別名で芋名月とも呼ばれます。

なぜ、よりによって"芋"なのでしょう?

中秋の名月の形が芋に似ているとか、そういう由来なのでしょうか?

いえいえ、そんなことはありません。

ちゃんと、芋名月と呼ばれる由来があるんですよ。

そこで当記事で、中秋の名月がなぜ芋名月と呼ばれるのか、その由来を解説していきます。

スポンサーリンク

中秋の名月は芋名月?

中秋の名月は、十五夜と言われることもありますし、別名で、

芋名月

と呼ばれることがあります。

芋名月で調べてみても、

陰暦8月15日夜の月

と、ちゃんと解説されているんですよ。

それにしても、中秋の名月はなぜ、芋名月と呼ばれるようになったのでしょうか?

芋といえば、あの食べ物の芋しか思いつきませんが…?

 

中秋の名月が芋名月と呼ばれる由来をチェック!

中秋の名月が芋名月と呼ばれるのはなぜなのか?

芋名月の由来を調べてみると、そこには、

中秋の名月の由来となった行事の1つ

が関わっていることがわかりました。

中秋の名月は、

収穫祭や、稲の豊作祈願といった儀礼

がいくつかおこなわれていました。

そのうちの1つに、

里芋の収穫祭

があったのです。

そして、里芋の収穫祭では、

月前に収穫した里芋を水炊きのままお供えしていた

のです。

今でも、お月見団子を里芋の形に似せている地域があったりしますが、それは昔の里芋の収穫祭の名残と言えるでしょう。

芋名月の芋は、"里芋"のこと

だったんですね!

 

結論として、

『里芋を月にお供えする』という風習があったため、芋名月と呼ばれるようになった

これが中秋の名月が芋名月と呼ばれる由来です。

ちなみに、芋名月というだけあって、お月見の日には、

「名月御祝、三方に芋ばかり高盛り」

とあります。

子供たちが竿の先に釘などをつけて他人の家の供え物を取ってしまったり、他人の畑の芋を盗んだりする行為も、お月見の日だけは許されていたんですよ。

スポンサーリンク

 

まとめ

中秋の名月は、別名で芋名月とも呼ばれますが、その由来には、

中秋の名月は里芋の収穫祭として、水炊きにした里芋を月にお供えしていた

という昔の風習から呼ばれるようになった名前だったことがわかりました。

地域によっては、お月見団子が里芋の形をしているのも、この風習が由来になっていることを示す1つの証拠なのではないでしょうか。

みなさんも、中秋の名月の日には、里芋を食べてみるのはいかがですか?

-中秋の名月

Copyright© 極大時間 , 2020 All Rights Reserved.