中秋の名月

中秋の名月

中秋の名月とは願い事が叶う満月の日?十五夜との違いをチェック!

投稿日:

中秋の名月は、いまや秋の風物詩として人気の高いイベントですよね。

『十五夜』と呼ばれることもありますが、中秋の名月と十五夜には何か違いはあるのでしょうか?

また、中秋の名月は、

願い事が叶う満月の日

なんて話も耳にすることがあります。

実際のところ、中秋の名月は願い事が叶ったりするのでしょうか?

当記事では、中秋の名月と十五夜の関係、また、満月や願い事との関係についても紹介します。

中秋の名月と十五夜に違いはある?

お月見といえば、中秋の名月だったり、十五夜だったりと、色々な名前を耳にすることがあると思います。

では、中秋の名月と十五夜に違いはあるのでしょうか?

 

結論を言うと、

言葉自体の意味としては異なるものの、一般的に使う分には全く同じ意味である

と言えます。

 

まず、

中秋の名月は陰暦8月15日に出る月

のことを言います。

一方の十五夜は、

旧暦15日の夜、つまり満月の夜

言葉自体は、このような意味になっています。

旧暦15日の夜なので、十五夜自体は1月から12月まで、1年中存在することになりますね。

 

この2つを比べてみると、意味自体は全く異なっているように思いますが…

実は、

十五夜=旧暦8月15日の夜が通例になっている

つまり、現在では十五夜を旧暦8月15日の夜と定義するのが一般的な解釈になっているので、

十五夜=中秋の名月で全く問題がないのです。

 

とてもざっくりとした考え方ではありますが、

お月見の話題くらいでしか『十五夜』という言葉が使われないため、十五夜=中秋の名月という扱いでいい

このように考えるとわかりやすいのではないでしょうか。

 

なので、現在での十五夜と中秋の名月の違いを挙げるなら、

その日の『夜』を指すか、その日の『月』を指すか

という部分の違いくらいですね。

 

中秋の名月は願い事が叶う満月の日!?

『中秋の名月』は、『願い事が叶う満月の日』などと言われることがあります。

それは本当なのでしょうか?

 

その答えは、残念ながら、

中秋の名月は願い事が叶う日というわけではありません。

確かに、今でも、

「満月に願い事をすると願いが叶う!」

などとインチキな迷信をよく耳にしますよね。

筆者としては、そんな非科学的ものは全く信じていませんが、今でも

満月にパワーがあると思っている人は多い

のです。

そして、今だけに限らず、昔の人たちは満月を特別なものとして、満月に日に、さまざまな行事をしてきました。

その中には、

満月に豊作を願う儀礼

というものも存在しますし、それが中秋の名月の由来の1つにもなっているくらいです。

関連記事
中秋の名月
中秋の名月の意味や由来を解説!仲秋の名月は文字の間違い?

今や秋の代名詞の1つでもある、中秋の名月。 そもそも中秋の名月は、いつ頃生まれたものなのでしょうか? また、中秋の名月のことを、 仲秋の名月 としている媒体も見かけますよね。 では、『仲秋の名月』は誤 ...

続きを見る

 

では、なぜ中秋の名月に願い事が叶わないのかというと…

そもそも、

中秋の名月は常に満月ではない

この理由が全てです。

あくまでも、中秋の名月が満月だったのは旧暦での話。

現在は新暦です。

なので、中秋の名月の日も毎年異なるのです。

必ずしも満月になるとは限らなくなってしまいました。

 

事実、2019年を見てみると…

中秋の名月:9月13日

満月の日:9月14日

1日のズレがあります。

 

なので、再び結論をお伝えすると、

結論

『満月は願い事が叶う』

と言われることがあるが、

中秋の名月は満月の日とは限らない

ので、願い事が叶うというわけではない。

と、言えるでしょう。

スポンサーリンク

 

まとめ

中秋の名月と十五夜は、厳密には意味が異なるものの、

一般には、ほぼ同じ意味

として扱って良いでしょう。

そのため、

「違いはない」

と答えても、とくに問題はありません。

また、『願い事が満月に叶う』といった迷信はあるものの、

中秋の名月は満月にならないケースが多い

ため、中秋の名月だから願い事が叶うというわけではないことに、気をつけてくださいね。

-中秋の名月

Copyright© 極大時間 , 2019 All Rights Reserved.