中秋の名月

中秋の名月

中秋の名月の意味や由来を解説!仲秋の名月は文字の間違い?

投稿日:

今や秋の代名詞の1つでもある、中秋の名月。

そもそも中秋の名月は、いつ頃生まれたものなのでしょうか?

また、中秋の名月のことを、

仲秋の名月

としている媒体も見かけますよね。

では、『仲秋の名月』は誤字だったりするのでしょうか?

当記事で、中秋の名月について、意味や由来、そして『仲秋の名月』という呼び名についての解説もしていきます。

中秋の名月の意味や由来をチェック!

中秋の名月の意味は、

旧暦8月15日の満月

のことです。

旧暦なので、現在にすると、毎年中秋の名月の日程が違うことになりますね。

 

さて、中秋の名月が始まった由来…つまりルーツはどこにあるのでしょうか?

実は、中秋の名月の由来は、

諸説あり、これが正しい!という説はわかっていないのです。

そのため、明確な由来は不明です。

 

由来とされる説の1つには、お月見の由来とされている説でもある、

中国の『中秋節』

です。

この『中秋節』では、

人々が月を鑑賞しながら宴会をする

という風習があるのです。

これが日本へ、お月見、そして中秋の名月として伝わった説になります。

 

次の説を紹介しましょう。

農民が夏の作物の収穫を終えた後の時期、秋の稲刈りを前に、

稲の豊作を祈る、月に田畑の収穫の感謝をするという儀礼をしていた

これが由来だという説です。

また、同じ収穫の感謝でも、

芋の収穫祭としてお月見をしていた

という説もあります。

事実、中秋の名月は、

芋名月

とも呼ばれることもあるのです。

 

ここまでで、中秋の名月の由来には、諸説あることがわかりましたね。

これらの説を見ていると、どれも共通して、

昔の人は月を特別なものとして見ていた

ということが、よくわかる由来ですよね。

月のみならず、太陽や星にしてもそうです。

人々が空に浮かぶ天体には、特別な想いを抱くのは、今も昔も変わらないんですね。

 

中秋の名月と仲秋の名月の違いは?

中秋の名月は、

仲秋の名月

と表記されることもありますよね。

では、この2つには、何か違いがあるのでしょうか?

それとも、単なる誤字なのでしょうか?

 

解説しましょう。

実は、『仲秋の名月』という名称は、

意味合い的には、ほぼ中秋の名月と同じ

であり、誤字というわけではありません。

 

ですが、単に『中秋』と『仲秋』とした場合では、意味が異なります。

まず、中秋は、

旧暦8月15日

のことを意味する言葉です。

 

一方、仲秋というのは、

旧暦8月

のことを意味する言葉。

もともと、四季を3か月に分けていて、その3カ月の真ん中に位置する月については、

季節の前に『仲』の字をつけて呼んでいました。

参考

2月を『仲春』、5月を『仲夏』などと呼びます。

というわけで、仲秋は旧暦8月のことになるんですね。

 

では、これらの言葉に『名月』がついた場合、意味はどうなるのか?

名月を何と定義するかが難しいところですが…

単純に名月=満月とした場合、中秋の名月と仲秋の名月は、ほぼ同じ意味になると言ってもいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

まとめ

中秋の名月は、仲秋の名月と書かれることもありますが、

名月がついた場合、意味合い的には同じ言葉になる

ということがわかりました。

その中秋の名月の由来は諸説あります。

  • 中国が由来という説
  • 稲の豊作を願う儀礼という説
  • 芋の収穫祭という説

とされています。

人々が月に特別な思いを抱くのは、今も昔も変わらないんだなと思わせてくれますね!

-中秋の名月

Copyright© 極大時間 , 2019 All Rights Reserved.