中秋の名月

中秋の名月 天体イベント

中秋の名月はいつ?2019年の日程や時間と方角をチェック!

投稿日:

旧暦8月15日の満月のことを、中秋の名月と言いますよね。

しかし、現在の暦にすると、中秋の名月は毎年日程が異なります。

9月だけでなく、10月になること

もあるんですよ。

では、2019年の中秋の名月は、一体いつなのでしょうか?

当記事では、2019年の中秋の名月がいつになるのか。

また、中秋の名月を観測する夜は、どの方角に月があるのかを解説していきます!

スポンサードリンク

2019年の中秋の名月の日程はいつ?

中秋の名月は、旧暦8月15日のことを指すので、毎年日付が異なります。

2019年の中秋の名月の日程は…

9月13日(金)

です。

そして残念ながら、2019年の中秋の名月は、

満月とはなりません。

何と惜しいことか、2019年9月の満月は、

9月14日

なんです。

たった1日違いで満月ではないというのは、なんだか惜しく感じてしまいますよね。

まぁ、地上から肉眼で見上げる分には、ほぼ満月と変わりませんので、それなりに満月気分は味わえるかもしれませんよ。

 

2019年の中秋の名月が見える方角と時間

では、2019年の中秋の名月は、どの方角に現れるのでしょうか?

月の位置は、地域によって若干ですが見える場所が異なります。

そこで、日本の主要都市で夜に月が出ている方角を紹介しましょう。

対象となる時間は、

どの地域でも確実に日の入りを迎えている19時から、日が変わるまで(23時台)

となります。

2019年の中秋の名月!主要都市の月の方角と時間

札幌・仙台・東京

19時:東南東

20時~21時:南東

22時:南南東

23時:南

名古屋

19時~20時:東南東

21時:南東

22時:南南東

23時:南

大阪

19時~20時:東南東

21時:南東

22時~23時:南南東

福岡

19時~20時:東南東

21時~22時:南東

23時:南南東

那覇

19時~21時:東南東

22時:南東

23時:東南東

地域・時間によって、このように月の見える方角は異なります。

ただアバウトに言えば、

どの地域でも南東方面を見れば、中秋の名月を見ることができる

というわけですね!

スポンサーリンク

 

まとめ

2019年の中秋の名月は、9月13日です。

惜しくも、満月の日とは1日違いとなっています。

この中秋の名月が見られる方角は、時間によって位置が若干変動するものの、

必ず東南東~南の間を通る

ことがわかっています。

なので、9月13日の夜は南東方面の空を見れば、中秋の名月を発見することができますよ。

ぜひ楽しんでくださいね!

-中秋の名月, 天体イベント

Copyright© 極大時間 , 2019 All Rights Reserved.